知ってたら得!汗をかく季節にはボトックス注射を

知ってたら得!汗をかく季節にはボトックス注射を

その汗の量は多汗症かもしれません

夏に汗をかくのは当たり前のことです。人間の体には体温を調整する機能が備わっていて、汗を放出することによって体の温度を下げます。しかし、体温の調節とは別にかく汗もあります。それが多汗症という症状です。汗が尋常ではなくらい出る場合には、多汗症を疑ってみても良いと思います。多汗症の症状には程度の差があり、少しだけ汗が出るものから、水で濡らしたように汗をかくものまであります。精神的な緊張が影響し、脇や手のひら、顔に多いことが特徴です。

市販の制汗剤が効果を発揮しないという問題

多汗症のやっかいな所は、一般的な制汗剤などの汗対策商品が役に立たないことです。ドラッグストアに行けば、たくさんの制汗剤や汗ふきシートが売られていますが、使ってもすぐに汗で濡れてしまいます。また、汗が多く出る部分も問題に拍車をかけます。脇は洋服を濡らし、シミになってしまいますし、手のひらは色々な物を触るため、他の人が触った時に不快感を与えてしまいます。また、顔は常に相手に見られる場所ですから、身だしなみという点でもマイナスになってしまいます。

ボトックス注射という解決策

そんなやっかいな多汗症ですが、ボトックス注射で改善の糸口を見つけ出せるかもしれません。これは、ボツリヌストキシンという物質を注射することによって、汗を出す汗腺を一時的に麻痺させる方法です。多汗症で悩んでいる人は意外と多いため、需要が多く、既に専門のクリニックをみかけることもあるほどです。効果は人によって差がありますが、市販の汗対策グッズでは効果が見出だせない状況でれば、専門の機関に相談する価値はあると言えます。

ボトックスとは、表情ジワを軽減したり、小顔に見せたり、多汗症の治療にも使われる注射による治療方法です。